注文住宅のコストに大きく影響する事柄は?

注文住宅のコストに大きく影響する事柄は?

注文住宅はコストは施主の意向によって大きく変わります。
こだわりが少なければ、建売住宅と大差のない金額に下げることも可能です。
一方、こだわりが多ければ、驚くほどの高値になることも珍しくありません。
特に影響が大きいのは仕様する資材です。
そのグレードによって、同じ外観や間取りの注文住宅でも、2倍近く価格が違うケースもあるのです。
言い換えると、少しグレードを下げるだけで、かなりコストを抑えられます。
そして、もう一つ費用面での影響が大きいものとして設備が挙げられます。
最新式を導入しようとすると、高値で買うことを受け入れる必要があります。
型遅れのバージョンで良いなら、それより格段に安く買えることも多いです。
1年前のものでも2割引きぐらいで済むことがよくあります。
このように資材と設備の面で妥協できるなら、注文住宅をお手ごろ価格にすることも不可能ではありません。
ですすから、予算に合わせてグレードや年式を調整すると良いでしょう。

資材選びから参加できる注文住宅の魅力とは

注文住宅というと、間取りや広さなどを自由にできたりキッチンなどの水回りなどもすくなものが入れられるのが魅力です。
建売と異なり、自由度が高くデザインなども好みにできるため人気がある注文住宅ですが資材選びにも参加することができます。
例えば、床材はこの素材で天然木を貼りたいといったことも可能ですし壁紙ではなく漆喰や珪藻土などにするとナチュラルな風合いを出すことが可能です。
このように、望む風合いや見た目に応じて資材を選べるのも注文住宅のメリットと言えます。
建売では、すでに決められていますのでこうした施主の希望をとりいれることはできません。
理想の家に住みたいなら、注文住宅で資材選びから参加するのがお勧めです。
柱や床や壁などのイメージを伝えると、工務店やハウスメーカーで最適なものを提案してくれます。
せっかくオーダーで住宅を作るのですから、間取りや水回りだけでなく材料からこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

注文住宅に関する情報サイト
理想の注文住宅を建てるコツ

当サイトは初めての注文住宅の建築をする場合に役立つ、納得できるマイホームを建てたい人に有益な情報をまとめてご紹介しています。これから家を建てるのなら目を通しておくと良いかも知れません。注文建築の住宅の相談時に提示したほうが良い要望に関しても解説しています。理想に近い家をつくるためには要望を伝えることが必要です。また住宅のコストに大きく影響する事柄についてもご紹介していますので、予算を考える際に役立つかも知れません。

Search