初めての注文住宅!納得できるマイホームを建てたい人に有益な情報まとめ

当サイトは初めての注文住宅の建築をする場合に役立つ、納得できるマイホームを建てたい人に有益な情報をまとめてご紹介しています。
これから家を建てるのなら目を通しておくと良いかも知れません。
注文建築の住宅の相談時に提示したほうが良い要望に関しても解説しています。
理想に近い家をつくるためには要望を伝えることが必要です。
また住宅のコストに大きく影響する事柄についてもご紹介していますので、予算を考える際に役立つかも知れません。

初めての注文住宅!納得できるマイホームを建てたい人に有益な情報まとめ

注文住宅の家を建てるのが初めてなので、納得の家を建てられるか不安に思う人もいるのではないでしょうか。
マイホームを造るときには、お洒落なデザイン性に意識が向きがちかも知れません。
しかし実際に暮らし始めてから後悔することのないよう、居住性やメンテナンスしやすさなどを考えて建てる事が大切です。
建てたい注文住宅のイメージを伝えつつも動線や収納、手入れなどに無理がないかの相談をしながらプランニングを進めるのがおすすめです。

注文住宅のスケジュールを検討する際のポイント

注文住宅を建てることを決めてから実際の引き渡しまでの期間は、建築を依頼する会社や建物によっても異なりますが、概ね10カ月から1年程度が一般的です。
ただし、注文住宅に住めるタイミングを子供たちの学校の都合に合わせたり、家族の転勤などスケジュールに期限がある場合には、希望する入居時期から逆算をして準備を進めることが必要になります。
また、注文住宅では、土地選びやハウスメーカー選びに当初考えていたよりも時間がかかってしまったり、間取りやデザインにこだわりが出て、予定が延びてしまうことも多々あります。
そのため、スケジュールを考える場合には余裕をもって検討するようにした上で、早め早めで動くことを常に意識するとよいでしょう。
納得のいく理想の注文住宅を建てるためには1年前とは言わず、1年半前、2年前から動きだすことも決して大袈裟ではありません。
手間や時間がかかることは当たり前だと考えて、焦らずゆったりとした気持ちで家づくりを楽しむことが大切です。

注文住宅を契約してから完成までの流れ

注文住宅は間取りや家の中の設備や屋根や外装といった外観まで、自分の希望を取り入れた世界に一つだけの家づくりをすることが可能です。
注文住宅を契約してから完成までは、一般的に約10ヶ月から15ヶ月程度必要とされています。
家が建つ環境や設備や住宅資材などによっては計画段階よりも時間がかかる場合もあります。
実際に契約をしてから完成までの流れですが、契約後に施工業者による工事が始まりますが特殊な工法を選んだり手に入りづらい住宅資材を頼んでいる場合には、工期が延びることも理解しておくことが必要です。
実際の着工前には地鎮祭や骨組みが終わった後の上棟式などを行い、建築確認申請通りに建てられているのかを民間評価機関によって審査をしてもらい問題がなければ引き渡しとなります。
引き渡し前には依頼した設備に不具合がないかを施主がしっかりと確認して、夢のマイホームを手に入れるという運びとなります。
設備面で不具合や不備などがあれば、再度の工事が必要となるケースもあります。

注文住宅のアフターサービスも事前に詳細をチェック

注文住宅を建てた場合、家が完成すればそれで終わりというわけではなく、住み始めてから様々な問題が発生したり、経年劣化により不具合が起こることもあります。
それらのトラブルに対処するためにはアフターサービスが必要であり、注文住宅を建てる時にはあらかじめ詳細を調べておく必要があります。
内容を比較する場合に見ておきたいポイントは、保証期間が法律で10年と定められているところをどれくらい延長されるのかという点や、具体的なアフターサービスの内容です。
また、それらを受けるために何か条件を満たさなければならないのかも確認しなければなりません。
いくら良いサービスが用意されていても、一定の条件を満たさないと受けることができず、満たすことが難しい場合には意味がありませんので、受けやすい内容になっていることが大切です。
内容としては、キッチンをはじめとした水回りや電気設備等は含まれていると安心ですし、シロアリの点検もあると便利です。

注文住宅を建築予定の市区町村について調査

自由設計の注文住宅では、建物のデザインや室内の間取り、さらには水まわりの設備や駐車スペースなど、家づくりのあらゆる部分を施主の希望どおりに仕上げることが可能です。
もちろん住まいを建てる土地についても、自分たちの理想とする場所を建築予定地に選ぶことができます。
その際に重要なことは、周辺環境や地域のこと。
注文住宅は設計の自由度が高いため、どうしても建物ばかりに注目しがちですが、自分たちが望む立地条件に対して、周辺環境や地域との相性が合わなければ、いくら立派な住まいを手に入れたとしても、完成後の暮らしに何かと不都合が生じるでしょう。
例えば安全性の高い暮らしを望んでいるのに、地理的に災害に弱かったり、治安の良くない地域社会では、自分たちが望む立地条件とは合致しません。
あるいは生活の利便性を優先したいのに、駅やバス停から遠すぎたり、周囲にスーパーマーケットやコンビニが無ければ、やはり日々の暮らしに不満が生じるでしょう。
そして意外と忘れやすいのが、法的な建築制限です。
建ぺい率や容積率あるいは高さ制限、さらに宅地造成区域の有無など、地域ごとに細かく定められているので、建築予定地の市区町村に問い合わせるなどして、よく調べることが肝心です。

注文住宅に関する情報サイト
理想の注文住宅を建てるコツ

当サイトは初めての注文住宅の建築をする場合に役立つ、納得できるマイホームを建てたい人に有益な情報をまとめてご紹介しています。これから家を建てるのなら目を通しておくと良いかも知れません。注文建築の住宅の相談時に提示したほうが良い要望に関しても解説しています。理想に近い家をつくるためには要望を伝えることが必要です。また住宅のコストに大きく影響する事柄についてもご紹介していますので、予算を考える際に役立つかも知れません。

Search